色によっては、高く買い取って貰える色があります

定番色が持つ特徴

では車の色がもつ特徴をそれぞれ見ていきましょう。
まず定番の「白」ですが、こちらは定番だけあって一番人気のカラーになります。
白は清潔感があるので老若男女に需要があり、会社用の車として扱われることもある。
膨張的な色なので、車が大きく見えます。
ただし、泥や水垢が目立ちやすく、黄ばんで見えるという欠点もあります。
続いて「黒」ですが、こちらも白同様の人気があるカラーです。
とてもお落ち着いたシックで大人な雰囲気のあるオーラを演出します。
黒だけあって熱を吸収し、社内の温度が他の色と比べて4度ほど高くなります。
真夏の炎天下時に車のボディを触る時は火傷しないよう注意が必要です。
欠点は白と同様に細かい傷や汚れが目立ちやすい傾向にあります。

カラフルな色が出す味

続いて「シルバー」「グレー」のご紹介です。
こちらも定番寄りのカラーになります。
この二色は飽きにくく、割と目立つ色なので交通事故に遭う確率も低い傾向にあります。
白と黒と違うのは汚れや傷があまり目立たないので、前述の二色と比べると手入れが楽になります。
続いて「ブルー」。
クールな雰囲気を演出できます。
スポーツカー寄りのカラーで、遠くにあるように見える色なので事故に遭いやすい色です。
情熱の「レッド」ですが、こちらもスポーティで目立つカラーです。
傷や汚れが目立ちやすく、太陽の光を浴びると色あせてしまいます。
さて、あまり見慣れない「ブラウン」は他者と被ることがほぼ無いでしょう。
そして何よりブラウンという色は泥や砂、花粉と同じ保護色なので、汚れが非常に目立ちにくく、手入れが楽です。

この記事をシェアする
TOPへ戻る